​新着情報

大会長ご挨拶

   このたび、臨床実践の現象学会の第6回大会をオンラインにて開催する運びとなりました。当初は、北陸の地で開催すべく準備をすすめてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑み、対面での開催を断念致しました。会場での開催を楽しみにして下さった皆様には、大変申し訳なく思っております。心からお詫び申し上げるとともに諸事情についてご理解いただけますと幸いです。

 

 さて、第6回大会のテーマは、「極限」です。

 現象学的手法をはじめとする質的研究の多くは、1人ひとりの経験の意味内容に深く分け入るという点に重要な価値をおいています。それは、経験の意味内容を記述し伝えることが、他者の経験を拡張し触発する可能性を秘めているからに他ならないからでしょう。

しかし、この世の中には、私たちが想像を絶するような「極限」とも呼べる圧倒的な経験をされている方々が存在します。例えば、〈人間〉らしく生きることや〈普通〉の暮らしを営むことといった私たちの生存そのものを脅かすような経験をされている人々です。ある意味、新型コロナウイルス感染症という厄介なウイルスに翻弄され続けている私たちの経験自体も、「極限」と言えるのかもしれません。

今回は、こうした「極限」状態にある人々とともに歩んでこられた先生方をお招きしました。新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリボードを務めておられる武藤香織先生(東京大学医科学研究所)には、医療社会学の立場から新型コロナウイルス感染症の倫理的・法的・社会的課題について、稲場剛先生(一般社団法人つくろい東京ファンド)には、コロナ禍で住まいを失った生活困窮者への緊急支援活動のご経験についてお話を伺います。本学会事務局からは、近田が、地域において重度の精神障がい者を24時間365日支援するスタッフの実践に伴走してきた経験についてお話いたします。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、対面による他者との交流が難しくなったとしても、これまで築いてきた本研究会の歩みを止めるわけにはいきません。大会事務局メンバーで知恵を絞り様々な道具を活用しながら可能な限り思考する場を拓いていきたいと思います。

今回の〈出会い〉が、様々な背景を抱えた人々の経験を共有する可能性を切り開き、閉塞感漂うこの世界を生き抜くための原動力となることを願っております。

 

 

                                                                                                                                          2021年1月7日 

                                                                                                    臨床実践の現象学会 第6回大会 

                                                                                                                               大会長 近田真美子

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now